WSL2 システムインフラ

WSL2でWindowsにLinux環境を整える

f:id:ysky24:20191221195706j:plain

Windowsを利用していると、Macを含むLinuxカーネルの資産を使いたいことがあります。

2019年の開発者会議でWindowsに軽量のLinuxカーネルを載せるWSL2という機能が追加されることが発表されました。

今回はWindowsのバックアップとWSL2の導入を行っていきたいと思います。

WSL2とは

WSL2とはWindows subsystem for Linux 2の略でWindows 10に搭載予定の新機能です。現在のところ、Windows 10 Insider Preview ビルドをインストールすることで使用できます。

従来、WindowsPROでのみ使用可能であったWSL1はHyper-Vという仮想化環境でLinuxカーネルに類似したコマンドを処理するという形式になっていました。

WSL1ではDockerなど上手く動かないソフトがありましたが、WSL2ではLinuxカーネルを使用するため、大抵のプログラムが動くようになります。

Windowsのバックアップ

Windows10の開発者版を利用することになるため、環境はバックアップしましょう。

まずは復元ポイントの作成をします。スタートバーのタスクバーに復元ポイントの作成を打ち込み、復元ポイントの作成を立ち上げます。

f:id:ysky24:20191221193726p:plain
復元ポイントの作成
f:id:ysky24:20191221193830p:plain
作成をクリック
f:id:ysky24:20191221193850p:plain
わかりやすく名前をつけます。

Windows10のアップデート

f:id:ysky24:20191221194219p:plain
Windows updateの表示

Windows Insider Programを選択し開始します。

お持ちのマイクロソフトアカウントをリンクし、再起動してください。

f:id:ysky24:20191221194243p:plain

再起動後にinsider ProgramをWindows Updateからインストール可能になります。

プレビュービルドを受け取る頻度はスローリング(1ヶ月ごと)します。

WSL2のインストール

PowerShellを実行して下記コマンドを実行します。

再起動を求められるので再起動します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName VirtualMachinePlatform
Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

WindowsStoreからWSLをインストールします。

StoreでUbuntuを選択してインストールします。

インストール後、PowerShellでバージョンを確認します。

この時点ではWSLのバージョンは1のままです。

wsl -l -v
NAME STATE VERSION
* Ubuntu Stopped 1

UbuntuのバージョンをWSL2に変換します。ここは結構時間がかかります。

wsl --set-version Ubuntu 2

再度バージョンを確認しWSL2になっていればOKです。

wsl -l -v
NAME STATE VERSION
* Ubuntu Stopped 2

デフォルトのバージョンをWSL2にします。

wsl --set-default-version 2

お疲れさまでした。

にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ
にほんブログ村

-WSL2, システムインフラ

Copyright© 熊猫のノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.