システムインフラ

Web会議(Zoom、Teams、Skype、WebEX)でマイクがうまく働かないときの設定確認

テレワークなどの在宅勤務や客先とのWeb会議が非常に多くなってきました。

実際にWeb会議を行ってみると、思いのほかトラブルが多かったりします。

 

最近弊社でもコロナの影響でWeb会議を良くするようになったよ
実際にWeb会議につないだときに音がでないということを良く聞かれる
あ、それよく聞く、電話で代替したりするんだよね
今日はWindows10でハマリがちなマイク設定を説明するよ

 

Windows10でのマイク設定

ZoomやSkype、Teams、WebEXなどでハマリがちなマイクの設定方法

を説明します。

 

Windowsでは、初期設定時のセキュリティ設定でオフにすることがあり

この記事を読むことで、WEB会議に接続できたけどこちらの声がでない!

 

といった不具合から解放されます。

 

マイクのプロパティで現在の状況を見る

最初に、マイクがプロパティ上で認識されているかを確認します。

タスクバーのサウンドアイコンを右クリックし、サウンドのプロパティを表示します。

サウンドのプロパティ1

このパソコンの場合、ノートパソコン内蔵のRealtek(R) Audioが認識されています。

右クリック⇒サウンドの設定を開くからデバイスのプロパティを確認します。

 

正常な場合は、マイクが微妙に反応します。

マイクがまったく反応しない場合の解決策を説明します。

マイクのプライバシー設定でアプリからのアクセスが許可されているか

Windows10ではプライバシーの設定でマイクがオフになっている可能性があります。

Windowsの検索バーにマイクと入力すると「マイクのプライバシー設定」がでてきます。

「アプリがマイクにアクセスできるようにする」がOFFになっていたらONにします。

 

アプリ単位でのアクセスが許可されているか

アプリがマイクにアクセスできるようにする、がONになっているが、Zoomなどアプリケーションでマイク認識がしない場合

個別のアプリでマイクが認識できるようになっているかを確認しましょう。

さきほどの画面を下にスクロールすると、個別のアプリでマイクの設定ができます。

 

 

まとめ

今回の記事では

1マイクのプロパティの確認方法
2マイクのプライバシー設定
3アプリごとのマイクアクセス

の3点を説明しました。

 

 

zoomにおいては、セキュリティリスクもあるため下記の

セキュリティ強化方法もおすすめです。
>>zoomのセキュリティを高める設定
テレワークなど推進している中で需要が拡大しているWeb会議についてマイク設定をまとめました

-システムインフラ

Copyright© 熊猫のノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.