SEO

ブログ初心者に見てほしいSEOに強いキーワードの選び方

ブログを続けていくなかで、PVが伸びない、という悩みがあると思います。

Googleの検索流入はバカにできるものではなく、検索結果を制するものはブログを制すると言っても過言では無いです。

今回の記事では

需要のあるキーワードを選定したい

日記のようなブログを書いてしまっている

実際にキーワード選定するためにはどうすれば良いか

と、いった悩みを解決していきたいと思います。

 

Google検索で上位を取るようなサイトは必ず需要を意識してキーワード選定を行っています。

 

そんな競合ブログに対抗するためにはこちらもしっかりとしたキーワード選定が必要になります。

 

今回の記事ではブログのキーワード選定について説明していきます。

この記事を読み終えることでGoogleの検索上位を狙えるサイト=PV増加を狙える、ブログ作りが可能になります。

 

それでは説明していきます。

キーワード選定とは

キーワード選定はSEOで最も重視するべき指標です。

Googleなどの検索エンジンからブログへの流入量を決定するものです。

 

PVを決めるもっとも重要な事項はキーワード選定とも言えます。

サイトの目標としてPVを稼ぐためにはどんなキーワードで検索されている(=需要がある)かを調べる必要があります。

 

一般的に国や企業の作るサイトは専門性が高く、個人のブログで太刀打ちするのは難しい分野になります。

 

狙っていくキーワードは

・競合が企業系ではなく強くない

・検索ボリュームがある

といったキーワードを狙っていく必要があります。

 

キーワードは実際に検索して競合のサイトを確認する or 後述するツールを利用して検索ボリュームを調べる

という2種類のキーワード選定方法があります。

 

また、ブログを見てもらうためにはどのような悩みをユーザーが抱えているか?を明確にイメージすることが大事です。

 

これはペルソナといい、ペルソナを設定した記事を書くことでユーザーに親身になったサイトづくりができます。
ペルソナについては過去記事を参照ください。

 

>>脱初心者ブログのペルソナを設定するテンプレート

 

 

PV数を稼ぐためにはキーワード選定は必須

競合が弱く、検索ボリュームの大きいワードをキーワード選定をする

実際の検索結果とツールを利用して検索ボリュームを見てキーワードを選定する

 

キーワードの種類

ブログのキーワード選定を考えていく中で抽出するキーワードには順序があります。

ロングテールキーワード >> ミドルキーワード >> ビックキーワードの順に優先してキーワードを選定します。

それぞれ説明していきます。

ビックキーワード

「ブログ」など1単語で月間3000回の検索ボリュームが見込めるワード

企業系のページや競合が多く検索順位上位に位置するのは非常に難しいです。

 

ミドルキーワード

「ブログ 書き方」など2単語で月間500~3000回以上の検索ボリュームが見込めるキーワードです。

 

ロングテールキーワード

 

「ブログ 書き方 実例」など3単語以上の検索ワードで月間500回程度の検索ボリュームが見込めるキーワード

多くの場合このロングテールキーワードを狙い、複合してビックキーワードでも検索ランキングの上位を目指す、ということが個人ブロガーの戦い方です。

 

 

狙うべきキーワードが選定できたら、実際の上位サイトの確認を行います。

検索順位で上位10サイト(Google検索1ページ目)を調べ、どのくらい企業サイトが含まれているのか調べます。

 

 

多くの場合企業サイトではお金を書けてページを作るため、よほどの実力が無いと上位表示は難しいです。

実際に調べて確かめるのは面倒ですが、実際の検索画面の確認は手を抜かないほうが良いです。

 

 

キーワードにはビックキーワード・ミドルキーワード・ロングテールキーワードの3種類がある

検索はロングテールキーワードを狙う

必ずキーワードを検索して競合サイトを確認する

 

 

キーワード選定に必要なツールと5つの手順

 

実際にツールを使用してキーワード選定の手順を説明します。

 

ここで使用するツールとしてGoodKeywordとキーワードプランナーを使用します

どちらも無料)

 

手順としては

1.GoodKeywordを利用してどのようなサジェスト(検索候補)があるか調べる

2.全キーワードリストをコピーする

3.Googleのキーワードプランナーにコピーした内容を貼り付け

4.検索ボリュームと競合性を比較してキーワードを選定する

5.実際に検索して競合を確認する

と、いった流れとなります。

 

それでは実際にキーワードを選定していきましょう。

1.GoodKeywordを利用してどのようなサジェストがあるか調べる

 

GoodKeywordを開き検索ワードを入れます。

キーワードを入れたら検索ボタンをクリック

 

goodkeywordにキーワードを入れる

 

2.全キーワードリストをコピーする

 

右下に表示される全キーワードをコピーします。

これにはビックキーワード・ミドルキーワード・ロングテールキーワードがそれぞれ含まれています。

 

 

3.Googleのキーワードプランナーに表示結果を貼り付ける

Google広告の「ツールと設定」からキーワードプランナーを選択します。

 

検索のボリュームと予測のデータを確認する」、を選択します。

 

キーワードを貼り付けし「開始する」をクリック

 

4.検索ボリュームと競合性を比較してキーワードを選定する

 

ここまで来たらキーワード選定を行います。

狙うべきは「月間検索ボリュームが多く」「競合性が低い」キーワード

表示回数が多く平均クリック単価が多いものを選びます。

 

 

 

5.実際に検索して競合を確認する

選定したキーワードで実際に検索を実施します。

ここでは、「ブログ 作り方 初心者」で検索をしてみます。

 

 

表示された検索上位のページを確認します。

ここで確認すべきポイントは競合のH1タグ・H2タグ(タイトルと見出し)になります。

 

実際に自分の書いたブログと比較して自分のブログのほうが内容が充実した内容か確認しましょう。

 

企業系のサイトが多く出てくる場合は別のキーワードを狙うのもアリです。

 

 

キーワード選定で絶対に避けるべきキーワード

 

キーワード選定の基本は「検索量が多く」「競合の少ない」キーワードが理想です。

 

競合が強いキーワード

・同じような記事を書いている人が多い
・企業系のサイトが上位を独占している

 

 

このようなサイトでは検索上位に食い込むことは難しいです。

Googleの上位検索(1ページ目)は10サイトまでなので10位までを狙う必要があります。

 

 

月間の検索が少ないキーワード

・月の検索ボリュームが10回
・同じ記事を書いている人が100人

 

 

全体のボリュームが少ない場合も避けるべきキーワードとなります。

ここで1位を取れても月に検索する人が10人だった場合はPVが伸びません

 

 

競合が少なく検索ボリュームの多いキーワードを探す

企業系が多い場合はキーワード設定を見直す

 

まとめ

 

今回の記事ではブログのキーワード選定について記事にしました。

キーワード選定のポイントは

1.GoodkeywordとGoogleキーワードプランナ-を利用してキーワードの候補を見つける
2.キーワードごとの検索ボリュームを比較して競合の低いワードを見つける
3.実際の検索結果を確認して上位サイトの内容を確認する

と、なります。

 

今回の記事を実践することで、Google検索上位のサイトを狙っていくことができます。

ぜひ手を抜かずにキーワード選定をしていきましょう。

 

-SEO

Copyright© 熊猫のノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.